投資信託とは?初心者にもわかる解説

query_builder 2024/07/02 投資
本記事では、「投資信託とは」について分かりやすくご紹介します。始めて投資を勉強する初心者の方でも理解できるよう、基本的な知識から具体的な投資方法までを順を追って解説していきます。
リバティキャピタルマネージメント
ロゴ
FXや暗号資産への投資を検討される初心者の方を経験豊富なアドバイザーがサポートいたします。収益機会を逃さないアラート配信とロスカットラインを設定したリスク管理手法で、安心できる取引を提供しております。
リバティキャピタルマネージメント
住所:

〒340-0046

埼玉県草加市北谷1-27-23 リバティレジデンス 1F

電話番号:
048-942-1100

投資信託の基本

投資信託の基本的な知識から学んでいきましょう。投資信託が何であるか、その仕組みやメリットについて解説します。

投資信託とは

投資信託とは、プロの運用者がお金を運用してくれる商品のことを指します。投資家はお金を投資信託に寄託し、運用会社によって複数の資産に分散投資されます。これにより、個々の投資家は手間や知識のないまま、様々な市場や資産クラスに分散投資することができます。

投資信託は初心者でも扱いやすい投資手段とされています。なぜなら、運用会社がプロの運用者を雇っているため、投資家自身が市場の動向を常に追わなくてもよいからです。また、投資元本を分散投資しているため、リスクも分散されます。

投資信託の仕組みは、投資家がお金を寄託(預かり)し、それを信託銀行が運用するというものです。運用の結果によって収益が発生し、その結果を投資家で分け合う形になります。運用会社は法律で定められたルールの範囲内で資産を運用し、一定期間ごとに報告書を提出します。

投資信託の特徴は、投資先の多様性とリスク分散です。投資信託は様々なアセットに投資するため、一つのアセットに偏らずにリスクを分散することができます。また、投資信託には様々なテーマや投資対象地域に特化したものもあり、自分の投資目標に合わせた選択肢が豊富です。

投資信託はリスクもあります。運用会社によっては手数料が発生し、収益を圧迫する可能性もあります。また、投資先の市場環境によっては投資結果が予想外のものになることもあります。しかし、投資信託のリスクは他の投資手段と比べると比較的小さいです。

投資信託は自身のリスク許容度や投資目標に合わせて選ぶことが重要です。投資先の多様性やリスク分散の程度、手数料の妥当性を考慮しながら、自分にとって最適な投資信託を選びましょう。投資信託を使って資産を増やし、将来の目標を達成する一歩を踏み出しましょう。

投資信託の仕組み

投資信託の仕組みについて詳しく見ていきましょう。

投資信託は、投資家がお金を寄託(預かり)し、信託銀行がそのお金を運用します。具体的には、投資家が選んだ投資信託にお金を出資する形で参加し、そのお金は運用会社によって運用されます。運用会社は法律で定められたルールの範囲内で資産を運用し、一定期間ごとに報告書を提出します。

投資信託は、投資家が寄託したお金を複数の資産に分散投資する形で運用されます。これにより投資リスクが分散され、投資家のリスクを軽減することができます。投資先の資産は、株式、債券、不動産、商品など様々なものがあります。

運用会社はプロの運用者を雇っており、彼らが投資先の選定や取引のタイミングなどを判断します。投資家はその運用結果に応じて利益や損失を得ることができます。

投資信託の運用結果によって、投資家には配当金や利益の分配が行われます。これは投資先の資産の収益が生じることにより、投資家の元本以上の収益を得ることができる仕組みです。

投資信託の利益の分配は、一定の間隔で行われます。一般的には年に1回または半年に1回など、定期的な頻度で行われます。分配方法は投資信託のタイプや規模、運用方針によって異なりますが、株式配当や利子配当、譲渡益などが一定の割合で投資家に分配されます。

投資信託の仕組みにおいて、投資家は信託銀行に預けたお金を運用会社に委託する形となります。その代わりに、運用会社はプロの運用者による運用や分散投資などのメリットを享受することができます。

投資信託は、投資家が専門知識や時間を取らずに手軽に多様な資産に投資することができる仕組みです。そのため、初心者にもおすすめの投資手段とされています。自身の投資目標やリスク許容度に合わせて、適切な投資信託を選びましょう。

投資信託のメリット

次に、投資信託を行うメリットについて見ていきましょう。細分化された投資先やリスク分散など、投資信託ならではの特長を理解することが大切です。

投資先の多様性

投資信託の一番の魅力は、投資先の多様性です。投資信託を選ぶことで、初心者でも手軽に様々な資産に投資することができます。

投資信託は、株式、債券、不動産、商品など、さまざまな資産に投資することができます。これにより、投資先の市場や業種に偏らないリスク分散が可能です。一つの資産クラスに偏らずに分散投資することで、一部の資産の変動が全体の収益に与える影響を軽減できます。

例えば、自分で株式を選ぶ場合、自らの知識や経験が必要となります。しかし、投資信託を選ぶことで、プロの運用者が選定した株式への投資が含まれるため、個別株を選定する必要がありません。また、複数の株式に投資するため、1つの株式の影響が全体の収益に与えるリスクを分散できます。

同様に、債券や不動産など他の資産クラスにも分散投資が可能です。債券は安定した利息収入が得られる反面、利率の変動や信用リスクが懸念されます。しかし、投資信託を選ぶことで、さまざまな債券に分散投資することができ、このリスクを軽減することができます。

不動産も、一つの物件に投資することで賃貸収入を得ることができますが、その物件の需要や地域の変化によって一部の物件の価値が下落する可能性もあります。しかし、投資信託を選ぶことで、複数の不動産に投資することができ、地域や物件によるリスクを分散することができます。

投資信託の投資先の多様性は、投資家にとって大きなメリットとなります。自分一人で多様な資産に投資するのは難しいですが、投資信託を選ぶことで、専門家の知識と運用手法を活用することができます。自分の投資目標やリスク許容度に合わせて、多様な投資先を持つ投資信託を選びましょう。

リスク分散

次に、投資信託のもう一つの特徴であるリスク分散について見ていきましょう。

投資信託は、様々な資産に分散投資することができるため、リスクを分散することが可能です。これにより、一部の資産の変動や損失が全体の収益に与える影響を緩和することができます。

例えば、株式市場では個々の企業の業績や市場環境の変化によって株価が変動します。一つの銘柄にだけ投資していると、その銘柄の業績が悪化したり市場のトレンドに逆行した場合、大きな損失を被るリスクがあります。しかし、投資信託を選ぶことで、複数の銘柄に投資することができます。これにより、一つの銘柄の影響が全体の収益に及ぼすリスクを軽減することができます。

同様に、債券や不動産など他の資産クラスにもリスク分散のメリットがあります。債券投資では、一銘柄の信用リスクや利率変動リスクが懸念されます。しかし、投資信託を選ぶことで、複数の債券に分散投資することができ、リスクを分散することができます。

不動産投資でも、特定の物件に投資することで地域の変化や需要の減少によるリスクがあります。しかし、投資信託を選ぶことで、様々な地域や物件に投資することができます。これにより、一部の物件の価値の変動が他の物件の値動きと相殺されることで、投資家自身のリスクを軽減することができます。

投資信託のリスク分散は、投資家にとって大きなメリットとなります。自分一人で複数の資産に投資するのは難しいですが、投資信託を選ぶことで、プロの運用者によるリスク分散を受けることができます。リスク分散によって、一部の資産の損失が全体の収益に与える影響を軽減し、安定した運用を目指すことができます。

重要なポイントは、自分の投資目標やリスク許容度に合わせて、リスク分散の程度を考慮して投資信託を選ぶことです。適切なリスク分散のバランスを保ちながら、自分の資産を保全し成長させるために、投資信託を活用しましょう。

投資信託のデメリット

しかし、投資信託にもデメリットはあります。こちらもしっかりと理解して、失敗を避けましょう。

手数料の問題

投資信託には投資に伴って発生する手数料の問題があります。投資信託を選ぶ際には、手数料を注意深く確認することが重要です。

投資信託には様々な種類の手数料が存在します。一般的な手数料には、信託報酬、販売手数料、信託銀行への預託手数料などがあります。これらの手数料は、運用会社の運用や管理にかかる費用や、販売会社への報酬として支払われます。

信託報酬は、運用会社の運用や管理に関わる費用をカバーするために投資家から徴収される手数料です。一般的に、運用資産の一定割合が報酬となります。この報酬は、投資先の資産の運用成績に関係なく、投資家に対して毎年徴収されます。

販売手数料は、投資信託の購入時に発生する手数料です。一部の投資信託では、投資家から購入金額の一部を手数料として徴収します。この手数料は、販売会社に支払われる報酬です。販売手数料は、投資信託の取引所やネットバンクなど、購入方法によって異なる場合があります。

また、信託銀行への預託手数料は、投資信託の運用会社が信託銀行に支払う手数料です。信託銀行は、投資信託のお金を預かり、運用を行います。預託手数料は、運用資産の一定割合が手数料として徴収されます。

手数料は、投資家の収益に直接的に影響を与える要素です。手数料が高い場合、投資家の収益を圧迫することがあります。特に、投資期間が長い場合や運用資産が大きい場合には、手数料の影響が大きくなります。

したがって、投資信託を選ぶ際には手数料を注意深く確認し、自身の投資目標やリスク許容度と照らし合わせて判断することが重要です。低い手数料を提供する投資信託を選ぶことで、収益を最大化することができます。投資信託を選ぶ際には手数料だけでなく、運用成績や運用方針も総合的に評価しましょう。

運用結果の不確実性

投資信託の運用結果には不確実性がつきものです。投資結果は投資先の市場環境や経済の動向に大きく左右されるため、必ずしも期待通りの結果が得られるとは限りません。

投資信託の運用は、株式市場や債券市場、為替市場などのマクロな要素に影響を受けます。これらの市場は常に変動しており、予測が難しいため、投資結果も予測困難です。

また、投資信託はプロの運用者が運用を行いますが、彼らの判断や経験によっても投資結果は変わります。プロの運用者でも市場の予測は難しく、時には予想外の出来事や誤った判断によって損失を出すこともあります。

投資信託の運用結果は、過去の運用成績を参考にすることができますが、過去の成績が将来の成績を保証するものではありません。過去の好成績を収めた投資信託が将来も同様の成績を残すとは限りません。運用結果は常に変動するため、過去の実績に過度に依存せず、総合的な評価が必要です。

以上のような不確実性があるため、投資信託を選ぶ際には自身のリスク許容度や目標に合わせた選択が必要です。リスクを分散させるために複数の投資信託を組み合わせる、長期的な視点で投資するといった方法が一般的です。

また、投資信託を選ぶ際には自身の投資目標やリスク許容度に合わせて、適切なタイプや運用方針の投資信託を選ぶことが重要です。リスクを抑えるためには、安定性のある投資信託や資産クラスの分散投資を考えることも必要です。

投資信託は運用結果に不確実性があることを理解した上で、自分に合った投資信託を選びましょう。投資はリスクを伴うものですが、十分な情報収集やリスク管理を行うことで、長期的な資産形成を目指すことができます。

投資信託の種類

様々な種類の投資信託があります。自分のインベストメントスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。

公開型投資信託

公開型投資信託について解説していきましょう。

公開型投資信託は、一般の投資家が参加可能で、設定日から解約日までの間いつでも売買が可能な投資信託です。

公開型投資信託は証券取引所で売買されるため、投資家は自分の証券口座を通じて取引を行うことができます。投資家は自分の都合に合わせて投資信託の売買を行うことができ、自由な運用が可能です。また、公開型投資信託は、主に株式型や債券型などの異なる種類のファンドがあります。投資家は自分の投資目標やリスク許容度に合わせて、適切な投資信託を選ぶことができます。

公開型投資信託の特徴は、流動性が高いことです。投資家はいつでも市場の開いている時間帯に売買を行うことができるため、急な資金の必要性や投資判断の変更に柔軟に対応することができます。

また、公開型投資信託は価格が毎日公表されるため、投資家はその時点での評価額で売買することができます。これにより、投資家はファンドの価値を正確に把握することができます。

ただし、公開型投資信託には設定時間帯内での価格変動リスクもあります。市場の需給バランスや投資家の売買意欲によってファンドの価格が変動するため、投資家は売買時の価格変動に注意を払う必要があります。

公開型投資信託は一般の投資家にとって手軽で利便性のある投資手段です。株式や債券など、さまざまな資産に分散投資することができ、自分の投資目標に適した投資信託を選ぶことができます。しかし、価格変動リスクを考慮し、慎重な売買判断を行うことも重要です。公開型投資信託を利用して、資産形成や資産運用を行いましょう。

指定型投資信託

指定型投資信託について解説していきましょう。

指定型投資信託は、設定時に指定した投資家のみが参加可能で、設定後は新規の購入や解約ができない投資信託です。

指定型投資信託は、一部の特定の投資家が限られた期間内に設定されることが一般的です。参加を希望する投資家は、事前に契約書に署名するか、投資家のアカウントに一定額のお金を預ける必要があります。

指定型投資信託は限られた投資家を対象としているため、資金の流動性が低く、一度設定された投資家は設定期間内に資金を出し入れすることはできません。また、指定型投資信託の運用方針や投資対象は固定されており、変更はありません。

指定型投資信託は、通常、特定の投資家や団体の要望に応じて設定されます。例えば、企業や機関が従業員や組合員のために設定したり、個人の遺産分割や贈与などの事情によって設定されることもあります。

指定型投資信託の特徴は、投資家が設定時に確定した条件に基づいて運用される点です。投資家が自分のニーズや要件に合わせた運用を受けることができます。

ただし、指定型投資信託は一般の投資家には限られたアクセス機会があります。設定された時期や要件に合致しない場合は参加できません。また、設定後の変更や解約ができないため、投資家は入念な検討と情報収集が必要です。

指定型投資信託は特定の投資家の要望に応じて設定されるため、その投資家の特定の目的や要件に合った運用を受けることができます。しかし、一般の投資家には利用制限があります。投資家は自身の投資目標や条件に応じて、公開型や指定型などの適切な投資信託を選びましょう。投資先の選択と総合的なリスク管理が重要です。

投資信託の選び方

さて、投資信託を選ぶ際には何を基準にするべきでしょうか。以下で解説します。

リスク許容度の確認

次に、リスク許容度の確認について解説します。

投資を行う際には、自身のリスク許容度を確認することが重要です。リスク許容度とは、投資に伴うリスクをどの程度まで受け入れることができるかということを指します。

リスク許容度は、個々の投資家によって異なります。ある人にとっては、大きなリスクを冒すことが受け入れられるかもしれませんが、別の人にとっては少しのリスクも許容できないかもしれません。

リスク許容度を確認するためには、自身の投資目標や時間軸、財務状況などを考慮する必要があります。投資の目的や期間によって受け入れられるリスクの範囲が異なるため、自分自身の投資の目的や期間を明確にすることが重要です。

また、財務状況や将来の予定も考慮する必要があります。投資によって一時的な損失を被ることによって、将来の計画や生活に支障が出ないかを検討する必要があります。

リスク許容度を確認することによって、自分の投資スタイルやポートフォリオを適切に構築することができます。高いリスク許容度を持つ人は、より成長性の高い投資やボラティリティの高い市場に挑戦することができます。一方、低いリスク許容度を持つ人は、安定性のある投資や低リスクの資産に重点を置くことができます。

投資は一定のリスクを伴いますが、自身のリスク許容度を把握し、それに合わせた投資戦略を立てることで、より安心して投資を進めることができます。リスク許容度を十分に確認し、自分に合った投資信託を選ぶことで、自身の投資目標に向かって資産を運用していきましょう。

目標設定

次に、目標設定について解説します。

投資を行う際には、明確な目標を設定することが重要です。目標設定によって、自身の投資戦略やリスク許容度を具体化し、より効果的な投資を行うことができます。

目標設定には、投資の目的や時間軸、金額などを考慮する必要があります。目的は個人によって異なりますが、例えば資産を成長させる、教育費や住宅のための資金を準備する、退職後の生活を支える財産を築くなど、様々な目標があります。

目標の時間軸も重要です。一部の目標は短期間で達成したいものかもしれませんが、他の目標は数年や数十年にわたる長期的な目標かもしれません。目標の時間軸を明確にすることで、より具体的な投資戦略を立てることができます。

また、目標の金額を明確にすることも重要です。目標の金額を設定することで、必要な投資額やリターンの目標を定めることができます。金額を具体化することで、投資の目標をより現実的なものにし、計画を立てる上での目安となります。

目標設定は、投資の方向性を明確化するだけでなく、投資家自身にとってのモチベーションや意識の向上にもつながります。目標を明確に設定することで、投資に対する意欲が高まり、短期的な波乱やマーケットの変動にも冷静に対応できるようになります。

目標設定には、現実的な目標を立てることが重要です。リスク許容度や財務状況を考慮し、自身に合った目標を設定しましょう。そして、目標に向かって適切な投資信託や資産クラスを選び、計画的な投資を進めていきましょう。

投資信託は目標達成のための有力なツールですが、目標の具体化と適切な投資戦略の構築が重要です。目標設定を通じて、より効果的な投資を行い、自身の将来の目標を実現するための一歩を踏み出しましょう。

投資信託の購入方法

投資信託の購入方法について見ていきましょう。ネットバンクや証券会社のウェブサイト等で容易に取り扱えます。

ネットバンクを利用する

次に、ネットバンクを利用して投資信託を行う方法について解説します。

ネットバンクを利用することで、手軽に投資信託を購入することができます。以下の手順で進めることが一般的です。

まず、ネットバンクのウェブサイトにアクセスします。ネットバンクに登録していない場合は、口座開設手続きを行います。セキュリティのためにも、信頼できるネットバンクを選びましょう。

ウェブサイトにログインしたら、投資信託の取引画面に移動します。一般には「投資信託」や「資産運用」の項目にアクセスすることができます。

取引画面では、投資信託のリストや検索機能が提供されています。自身の投資目標やリスク許容度に合った投資信託を選びましょう。

選んだ投資信託に投資するためには、購入金額や預ける金融商品の選択など、必要な情報を入力します。ネットバンクでは、投資信託の詳細情報や過去のパフォーマンスについても参照できることがあります。

必要な情報を入力したら、取引内容を確認し、最終的な手続きを完了します。ネットバンクでは、多くの場合、スムーズな取引をサポートするための画面や案内が提供されています。

ネットバンクを利用することで、自宅やオフィスから簡単に投資信託を行うことができます。ネットバンクの利用には、通常、低い手数料や便利なインターフェースなどのメリットもあります。ただし、安全性には十分に気を付け、不正アクセスや情報漏洩に対して注意を払いましょう。

自身の投資目標やリスク許容度に基づいて、ネットバンクを利用して適切な投資信託を選択しましょう。ネットバンクの利用は、利便性と手軽さを兼ね備えた投資手段として、多くの投資家に選ばれています。

証券会社を利用する

次に、証券会社を利用して投資信託を購入する方法について解説します。

証券会社を利用することで、専門的なアドバイスや広範な投資商品の選択肢を活用して、投資信託を購入することができます。

まず、信頼できる証券会社を選びましょう。証券会社は投資商品の取り扱いやサービスの提供方法などが異なる場合がありますので、自身のニーズに合った証券会社を選択することが重要です。

証券会社のウェブサイトまたは店舗にアクセスし、投資信託の取引画面に進みます。証券会社は通常、資金の運用や取引のアクセス方法などについて情報を提供しています。

投資信託の取引画面では、さまざまな投資信託のリストや詳細情報が提供されています。自身の投資目標やリスク許容度に合った投資信託を選びましょう。証券会社の担当者がアドバイスや情報提供を行う場合もありますので、遠慮せずに相談することもおすすめです。

選んだ投資信託に投資するためには、必要な情報を入力し、取引内容を確認します。証券会社は、適切な手続きをサポートするための指示やガイドを提供しています。

取引内容を確認し、最終的な手続きを完了します。証券会社は、投資信託の購入に関連する手数料や手続きについても明確に案内していますので、注意深く確認しましょう。

証券会社を利用することで、専門的なアドバイスや幅広い投資商品の選択肢を活用しながら、投資信託を購入することができます。証券会社の利用は、投資家にとっての便益や使いやすさを提供してくれるものです。自身に合った証券会社を選び、適切な投資信託を選択しましょう。

投資信託の運用例

最後に、実際の投資信託の運用例について見ていきましょう。具体的にどのように運用され、どのような結果が期待できるのか理解することが大切です。

積立投資

次に、積立投資について解説します。

積立投資は、一定の金額を定期的に投資する方法です。毎月や毎週など、自分の都合に合わせて一定期間ごとに指定した金額を投資することができます。

積立投資のメリットは、長期的な資産形成に適していることです。定期的な投資を続けることで、市場の変動に左右されずに資産を積み上げることができます。また、毎回同じ金額を投資するため、市場の株価や債券の金利の変動によって購入単価を平均化することもできます。

積立投資は貯金とは異なり、運用対象となる投資商品に投資するため、資産の成長を期待することができます。例えば、積極的な株式型投資信託に積立投資を行うことで、将来的な資産の増加を目指すことができます。

積立投資は、自動的に行われるため投資の継続性を保つことができます。手動で投資を行う場合と比べて、金額の設定や手続きの手間を省くことができます。

重要な点は、長期的な視点で積み立てることと、自身のリスク許容度に合わせた投資商品を選ぶことです。投資は一定のリスクが伴いますので、自身のリスク許容度を考慮した上で、適切な投資信託を選びましょう。

積立投資は、継続的な資産形成を目指すための効果的な手法です。毎月一定額を投資することで、資産の成長を促進し、将来への備えをすることができます。自身の目標やリスク許容度に合わせて、積立投資を活用して資産を増やしていきましょう。

一括投資

一括投資は、一度に大きな金額を投資する方法です。一定期間で一括して投資するため、短期的な資金運用や一時的な資産運用に適しています。

一括投資のメリットは、一度に多くの資金を投資できることです。一定の金額を一括して投資することで、資金が効率的に運用される可能性があります。

また、一括投資は投資先の市況やタイミングを活かすことができます。市場の変動や投資機会を見極めて、一括投資による資金運用を行うことで、より良い投資結果を得るチャンスがあります。

一方で、一括投資にはリスクも伴います。市場の変動や投資先のリターンが期待通りでなかった場合、一度に投資した資金に損失を被る可能性があります。そのため、リスク許容度や市場の状況をよく考慮した上で、一括投資を検討することが重要です。

一括投資は、一定の資金を一度に投資できることで、効率的な運用や市場のチャンスを活かす機会を提供します。しかし、そのリスクにも留意しながら、自身の投資目標やリスク許容度に合わせて判断する必要があります。自身が快適に感じる投資スタイルを見極め、適切な投資手法を選ぶことが重要です。

まとめ

本稿では投資信託について詳しく解説しました。是非、あなたの資産運用に活かしてみてください。

投資信託の利用メリット

投資信託の利用メリットについて解説します。

投資信託の利用には、以下のようなメリットがあります。

1. 手軽な投資手段:投資信託は、初心者でも手軽に資産形成を始めることができます。専門的な知識や時間をかけずに、プロの運用者による運用を受けることができます。

2. 分散投資の実現:投資信託は複数の資産に分散投資することができます。これにより、一つの資産の変動やリスクによる影響を軽減することができます。

3. アクセスの容易さ:ネットバンクや証券会社を利用して手軽に投資信託にアクセスできます。ウェブサイトやモバイルアプリを通じて、簡単に投資を行うことができます。

4. 専門知識の活用:投資信託は、プロの運用者による運用が行われます。そのため、自身が市場や投資対象についての詳細な知識を持っていなくても、専門家の知識と経験を利用することができます。

投資信託の利用メリットは、初心者でも手軽に多様な資産に投資できることやリスク分散が可能な点にあります。自身の投資目標やリスク許容度に合わせて、適切な投資信託を選びましょう。

注意点と選び方

注意点と選び方について解説します。

投資信託を選ぶ際には、以下の注意点と選び方のポイントに留意することが重要です。

1. 手数料の確認:投資信託には手数料が発生する場合があります。運用会社や証券会社ごとに手数料の差があるため、手数料を比較しましょう。

2. 運用結果の評価:投資先の過去の運用成績や運用方針を確認しましょう。ただし、過去の成績は将来の成績を保証するものではありません。総合的な評価と将来の見通しを考慮して判断しましょう。

3. リスク許容度への配慮:自身のリスク許容度に合わせた投資信託を選びましょう。リスク許容度が低い場合は安定性のある投資信託を、リスク許容度が高い場合は成長性の高い投資信託を検討しましょう。

4. ポートフォリオの構築:投資先の分散やバランスを考慮したポートフォリオの構築が重要です。異なる資産クラスや投資対象地域に分散投資することで、リスクを分散させましょう。

5. 証券会社の選択:投資信託を提供する証券会社も重要な選択です。信頼性や手数料、取引サービスなどを比較し、自身に合った証券会社を選びましょう。

投資信託の利用には多くのメリットがありますが、注意点や自身のリスク許容度にも留意しながら、慎重な選択を行うことが重要です。自身の投資目標やリスク許容度に合わせて、適切な投資信託を選んで資産を運用しましょう。

リバティキャピタルマネージメント
ロゴ
FXや暗号資産への投資を検討される初心者の方を経験豊富なアドバイザーがサポートいたします。収益機会を逃さないアラート配信とロスカットラインを設定したリスク管理手法で、安心できる取引を提供しております。
リバティキャピタルマネージメント

〒340-0046

埼玉県草加市北谷1-27-23 リバティレジデンス 1F