右往左往しない投資法を解説!効率的な資産運用のススメ

query_builder 2024/07/01 投資
投資は頭を使って行うものであり、右往左往することなく、理論に基づいて実行すべきです。この記事では、そんな効率的な投資法について具体的に解説します。初心者から経験者まで、その投資法を理解し、効率的な資産運用を行えるようになるでしょう。
リバティキャピタルマネージメント
ロゴ
FXや暗号資産への投資を検討される初心者の方を経験豊富なアドバイザーがサポートいたします。収益機会を逃さないアラート配信とロスカットラインを設定したリスク管理手法で、安心できる取引を提供しております。
リバティキャピタルマネージメント
住所:

〒340-0046

埼玉県草加市北谷1-27-23 リバティレジデンス 1F

電話番号:
048-942-1100

投資とは何か?基本的な考え方

まずは投資の基本的な考え方について簡単にお伝えします。これが右往左往しない投資を行う第一歩となるでしょう。

インフレとデフレ

インフレとデフレは、投資を行う上で重要な概念です。インフレとは物価が上昇し、お金の価値が下がっていく状態を指します。物価上昇により、同じ金額のお金では買えるものが減り、資産の価値が減少してしまいます。一方、デフレは物価が下落し、お金の価値が上がる状態を指します。物価下落により、同じ金額のお金ではより多くの買い物ができるようになりますが、企業の収益が減少し、投資のリターンも低下する可能性があります。

投資をする際には、インフレやデフレの影響を考慮する必要があります。インフレが進行している場合、お金の価値が下がるため、投資先を通じて資産の価値を維持あるいは増やすことが求められます。具体的には、株式や不動産などの実物資産に投資することが考えられます。これにより、物価上昇による資産の価値減少を抑え、インフレによる影響を乗り越えることができるでしょう。

一方、デフレの場合は、お金の価値が上がるため、現金や金融商品に投資することが適しています。なぜなら、デフレ環境下では、現金を保有することで資産の価値を維持できるからです。また、債券や国債などの金利をもたらす安全な投資先も選択肢として考えられます。

インフレとデフレの二極化した状況ではなく、両方の要素を織り交ぜるインフレ加速やデフレ転換といった複雑な相場状況も考えられます。投資家は経済の変動を見極め、適切な投資先を選びながら、右往左往せずに資産運用を行うことが求められます。まさに、右往左往しない投資法が重要なのです。

リスクとリターン

投資を行う際には、必ずリスクとリターンの関係性を理解することが重要です。リスクとは、投資先や資産の価値が変動することによって生じる損失や不確定要素のことであり、リターンは投資から得られる利益や収益のことを指します。

一般的に、高いリスクを伴う投資は高いリターンをもたらす傾向があります。例えば、株式投資やベンチャー企業への投資は、高いリターンの可能性がありますが、同時に価格変動や事業の成功不成功といったリスクも高いです。一方、低リスクの投資先である金融商品や国債は、リターンが低い傾向にあります。つまり、リスクとリターンはトレードオフの関係にあり、高いリターンを追求するにはそれに見合ったリスクを取る必要があるのです。

しかし、右往左往しない投資法では、リスクとリターンのバランスが重要です。極端に高いリスクを取り続けることは資産を危険にさらす恐れがありますし、リターンが低すぎる投資先では資産の成長が限定される可能性があります。投資家は自身のリスク許容度とリターン目標を明確にし、それに合った投資先を選ぶべきです。

リスクとリターンのバランスを考える際には、適切な情報収集と分散投資も重要です。情報収集をすることで、投資先のリスク評価や成績予測を行うことができます。また、分散投資を行うことで、一つの投資先が失敗した場合でも他の投資先の利益がそれをカバーすることができます。

投資は確実にリターンを得る手段ではないことを忘れずに、リスクを最小限に抑えた資産運用を心掛けましょう。右往左往することなく、冷静な判断を持ちながら、リスクとリターンのバランスを見極めることが成功への道です。

効率的な投資法とは

投資を効率的に行うための方法について、具体的な概念を伝えます。

ダイバーシフィケーションの重要性

投資において、ダイバーシフィケーション(分散投資)は非常に重要な概念です。ダイバーシフィケーションとは、投資先を複数の異なる資産や市場に分散させることで、リスクを分散させる投資戦略のことを指します。

なぜダイバーシフィケーションが重要なのでしょうか。それは、投資先のリスクを分散させることで、全体のポートフォリオの安定性を高めることができるからです。もし、たった一つの投資先がうまくいかなかった場合でも、他の投資先がパフォーマンスを補ってくれる可能性があります。つまり、リスクを広く分散させることによって、より安定した資産運用が可能となるのです。

ダイバーシフィケーションの方法としては、異なる資産クラスへの投資が考えられます。例えば、株式に投資するだけではなく、債券や不動産、商品などにも分散して投資することで、異なる市場のリスクを分散できます。さらに、さまざまな業種や地域、企業サイズなどにも投資を広げることで、ポートフォリオのリスクを低減することも可能です。

ただし、分散投資を行う際にはバランスが重要です。あまりにも分散しすぎるとリターンが限定される可能性もあります。また、投資先の相関関係を考慮して分散することも重要です。同じような相関関係を持つ投資先を複数持っていても、本来のダイバーシフィケーション効果は発揮されません。ですから、バランスと相関関係の観点から慎重にポートフォリオを構築することが求められます。

ダイバーシフィケーションは、右往左往しない投資法の基本中の基本と言えるでしょう。リスクを分散させることでポートフォリオ全体の安定性を高め、リターンを最大化することが可能です。積極的に分散投資を取り入れながら資産運用を行いましょう。

パッシブ投資のススメ

ダイバーシフィケーションとは別の投資戦略として、パッシブ投資があります。パッシブ投資とは、市場全体の動きに追従する形で投資を行う手法であり、主にインデックスファンドやETF(上場投資信託)を利用します。

パッシブ投資のススメは、時間と労力をかけずに長期的な利回りを追求することができる点です。アクティブ投資では、市場のトレンドを予測して個別の銘柄や資産クラスを選ぶ必要がありますが、パッシブ投資では市場全体の動きに従って投資先を選ぶため、市場の成長に関連するリターンを享受することができます。

また、パッシブ投資はコスト面でも魅力的です。アクティブ投資では、運用会社に手数料を支払ったり、取引コストがかかる場合がありますが、パッシブ投資ではインデックスファンドやETFの運用コストが比較的低い傾向にあります。そのため、長期的な運用視点で見れば、コストを抑えながら効率的な資産運用を行うことができるでしょう。

さらに、市場の変動に対するストレスも軽減されます。アクティブ投資では、市場の動向を見極めながら売買を繰り返すことが求められますが、パッシブ投資では長期的な基準に基づいて投資を行うため、短期の価格変動に左右されることが少なくなります。つまり、右往左往することなく市場の成長を追い続けることができるのです。

ただし、パッシブ投資においても注意点があります。市場全体の動きに追従しているため、市場全体が下落した場合にはそれに従って投資額も減少する可能性があります。また、投資先の選択肢が限られるため、特定のセクターや地域の成長を狙った場合には向いていません。

パッシブ投資は、リスク分散とコスト効率を重視する投資家にとって魅力的な手法です。効率的な資産運用を追求しながらストレスを軽減し、長期的な成果を上げることができるでしょう。右往左往しない投資法の一つとして、パッシブ投資に挑戦してみてはいかがでしょうか。

右往左往しない投資法の詳細

ここでは、具体的に右往左往しない投資法の具体的な方法について説明します。

資産配分の基本

資産配分は、投資家にとって非常に重要な要素です。資産配分とは、投資家が持つ資金を異なる資産クラスに分散させることで、リスクの分散やリターンの最大化を図る戦略のことを指します。

資産配分の基本は、異なるリスクとリターンの特性を持つ複数の資産クラスへの投資です。一般的な資産クラスには、株式、債券、不動産などがあります。これらの資産クラスは、それぞれ異なる市場や経済の動向に影響を受けるため、相関関係が異なる特徴を持っています。

資産配分の基本的な考え方は、「卵を一つのかごに入れるな」といったことです。つまり、一つの資産クラスに過度に偏らず、複数の資産クラスに分散することが求められます。これにより、特定の資産クラスのリスクによって投資全体が損失を受けるリスクを低減することができます。

資産配分のバランスを決める際には、投資家のリスク許容度や投資目標を考慮する必要があります。リスク許容度が高い投資家は、リターンが高いがより大きなリスクを伴う資産クラスに比重を置くことができます。逆に、リスク許容度が低い投資家は、リスクを抑えた安定したリターンが期待できる資産クラスに比重を置くこともあります。

また、投資の目的に応じて資産配分を決めることも重要です。例えば、退職後の生活資金を確保するための資産運用では、安定したリターンが重要ですので、債券や不動産などの安定した収益をもたらす資産クラスに比重を置くことが考えられます。

資産配分の基本を理解し、自身のリスク許容度と投資目標に合わせてバランスを取ることが重要です。また、市場の状況や個人の状況に応じて資産配分を調整することも必要です。右往左往しない投資法を実践するために、資産配分の基本を抑えながら適切なポートフォリオを構築しましょう。

リバランシングの重要性

資産配分を行った後は、定期的なリバランシングを行うことが重要です。リバランシングとは、資産の配分比率が目標値から逸脱した場合に、再度目標値に合わせるために投資ポートフォリオを調整することを指します。

リバランシングの重要性は、資産配分のバランスを維持することにあります。市場の変動によって資産クラスの価値が変化すると、本来の配分比率が崩れてしまいます。例えば、株式の価値が上昇し続けると、株式の割合が目標値を上回ってしまう可能性があります。逆に、株式の価値が下落すると、株式の割合が目標値を下回ってしまうこともあります。

リバランシングによって、過剰に偏った資産クラスのリスクを調整し、ポートフォリオ全体のリスクを低減することができます。また、リバランシングは逆張りの要素も持っています。つまり、価格が高騰している資産クラスを売却し、価格が低迷している資産クラスを購入することもあります。これにより、市場のサイクルに合わせて資産を調整することで、逆張りの機会を活用し、リターンを最大化することができます。

リバランシングは定期的に行う必要がありますが、頻繁な調整は避けるべきです。短期的な価格変動や一時的な市場のトレンドに左右されることなく、長期的な資産運用を行うためには、落ち着いた判断でリバランシングを行うことが求められます。

右往左往しない投資法を実践するためには、リバランシングを忘れずに行うことが重要です。定期的に資産配分のバランスを取り戻し、投資ポートフォリオを見直すことで、リスク管理とリターンの最大化を実現しましょう。

投資の心構え

投資に取り組む前に、心の準備も重要です。ここでは、そのためのヒントを紹介します。

ギャンブルと投資の違い

ギャンブルと投資は、一見似ているように思えるかもしれませんが、実は根本的な違いが存在します。この章では、ギャンブルと投資の違いについて解説します。

まず、ギャンブルは運に頼るものであり、リスクが高いとされます。ギャンブルでは、予測が困難であり、その結果はランダムに決まります。たとえば、カジノでのカードゲームやルーレットは、運や偶然によって勝ち負けが決まるため、事前の情報や知識はほとんど関係ありません。

一方、投資はリスクとリターンの関係性に基づいて行われます。投資では、企業や資産の将来の成長や収益性を見極め、それに基づいて資金を投入することでリターンを得ることを目指します。投資は情報収集や分析が重要であり、投資家はリスクを把握し、十分な知識と判断力を持って投資を行う必要があります。

また、投資は長期的な視点を持って行われる傾向があります。成果を得るためには、投資先が時間とともに成長し、その成長を見届ける必要があります。一方、ギャンブルは短期的な結果にすぐに依存します。ギャンブルは瞬間的に大きなリターンを得る可能性もありますが、同様に大きな損失を被る可能性も高いです。

最も重要な違いは、ギャンブルと投資の意図や目的にあります。ギャンブルはエンターテイメントや興奮を目的として行われることが一般的です。一方、投資は資産を成長させ、将来の目標を達成するための手段として行われます。投資は計画的な行動と長期的な目標を持って行われるべきです。

ギャンブルと投資の違いを理解することは、右往左往しない投資法を実践するために重要です。投資は情報や知識に基づいてリスクを最小化し、リターンを追求する行動です。ギャンブルには依存せず、合理的な投資判断を行いましょう。

我慢強く長期投資を行う

我慢強く長期投資を行うことは、成功への鍵となります。長期投資とは、資産を時間をかけて成長させるために、長期的な視点で投資を持続することを指します。

我慢強く長期投資を行うことの重要性は、市場の短期的な変動に左右されず、長期的な成果を追求することができる点にあります。市場は日々変動し、個別の投資先や資産クラスの価格も上下することがありますが、長期的な展望を持って投資を行えば、一時的な変動による影響を相殺することができます。

長期投資の鍵は、時間の要素を活かすことです。投資先が成長し、利益を上げるには時間がかかる場合も多いです。そのため、短期的な変動に振り回されず、じっくりと投資先の成長を待つことが重要です。市場のトレンドや一時的な損益に翻弄されず、着実に資産を積み重ねることが可能です。

長期投資を行う際には、定期的かつ継続的な投資を心掛けることも大切です。市場のタイミングを見極めることは難しいため、毎月一定の額を投資先に積み立てるなど、定期的な取引を行うことでリスクを分散し、長期的な平均取得単価を安定させることができます。

さらに、我慢強く長期投資を行うためには、感情に左右されない冷静な判断力も必要です。市場の変動や短期的な損益によってパニックになったり、投資方針を変えることは避けるべきです。予測不能な要素も存在するため、過度な取引や投資方針の変更は逆効果となる場合もあります。

右往左往しない投資法を実践するためには、我慢強く長期投資を行うことが不可欠です。市場の短期的な変動に惑わされず、着実に資産を増やしていくことが成功への道です。冷静な判断力と耐性を持ちながら、長期的な成果を追求しましょう。

投資法の適用範囲

この投資法が有用な範囲とは何か、誤解を解くための解説を行います。

私的な投資

私的な投資は、個人が行う投資活動を指します。これは、個人の貯蓄を活用して資産運用を行うことを意味します。私的な投資の魅力は、自分自身の財務状況や投資目標に基づいて、自由に投資先を選べることです。

私的な投資には、さまざまな選択肢があります。株式や債券、不動産、商品などに投資することができます。また、最近ではクラウドファンディングや仮想通貨などの新たな投資先も登場しています。個々の投資家にとって最適な投資先を見つけることが重要です。

私的な投資は、資産が成長し、将来の目標を達成するための手段となります。具体的な目標やライフプランに基づいて、リスク許容度や投資期間を考慮しながら投資を行うことが重要です。また、十分な情報収集やリサーチを行い、投資先のリスクとリターンを理解することも大切です。

私的な投資を成功させるためには、リスク管理が不可欠です。十分な分散投資を行い、投資先をバランスよく組み合わせることでリスクを分散させることが求められます。また、市場の変動に左右されず、冷静な判断力を持つことも重要です。

私的な投資は、自身の資金を有効活用し、資産を成長させる手段として非常に魅力的です。ただし、自己責任で行うためにはリスクを正しく把握し、十分な知識と情報を持つことが必要です。目標やライフプランに基づいて、自己の財務状況やリスク許容度に合った私的な投資を行うことで、資産運用の成果を最大化することができるでしょう。

ビジネス投資

ビジネス投資は、個人や企業が新たなビジネスや事業に資金を投入することを指します。これは、資金を活用して新しいビジネスチャンスを追求し、成長を目指す手段となります。

ビジネス投資の魅力は、資金を有効に活用し、事業や企業の成長に参加できることです。自身のビジネスアイデアを実現するために資金を投じる場合もありますし、既存の企業に出資する形で参加する場合もあります。いずれのケースでも、成果を最大化するためには事前のリサーチや市場の分析が重要です。

ビジネス投資は、高いリターンをもたらす可能性もありますが、それには一定のリスクも伴います。新しいビジネスや事業には成功の保証はありません。そのため、リスクを理解し、資金の投入や投資先の選択について慎重な判断が求められます。

ビジネス投資を成功させるためには、事業について深く理解することが重要です。ビジネスモデルや競争環境、ビジネスチームなど、事業の要素を評価し、投資のリターンを見極める必要があります。また、市場の動向やトレンドを把握し、将来の成長の見込みを分析することも大切です。

ビジネス投資は、リスクを伴いますが、そのリスクを受け入れることで成果を上げることができる可能性もあります。投資家としては、自己の資金やリスク許容度に合わせたビジネス投資を行うことが重要です。ビジネスの成長に貢献し、投資先の成功を支えることができるわけです。

ビジネス投資は、成功すれば大きなリターンを得ることができる一方で、リスクも伴うものです。事前のリサーチとリスク管理が必要ですが、ビジネスの成長に参加し、自身の資金を活用することで、成果を最大化することができます。

失敗しないための注意事項

投資にはリスクも伴います。ここで、失敗を防ぐための注意事項を伝えます。

金融商品の選び方

金融商品の選び方は、投資において非常に重要な要素です。正確な情報に基づいて適切に選ぶことで、リスクを最小限に抑え、リターンを最大化することができます。

まず、金融商品を選ぶ際には、自身の投資目標に合った商品を選ぶことが重要です。資本保全重視の場合は、債券や金融商品などの安定した収益を追求する商品が適しています。一方、成長性を重視する場合は、株式や成長産業に関連する商品が適しているでしょう。投資目標や時間軸に合った商品を選ぶことで、投資の成果を最大化することができます。

また、金融商品を選ぶ際には、その商品に関する情報や過去のパフォーマンスを良く調べることも重要です。企業の財務状況や成長性、業績などの情報を把握し、投資先のポテンシャルを判断することが求められます。適切な情報収集と分析を行い、商品のリスクとリターンをよく理解した上で選択することが重要です。

さらに、リスク分散を意識して金融商品を選ぶことも大切です。一つの商品に集中せず、複数の商品や資産クラスに分散投資することで、リスクを低減することができます。異なる市場や資産クラスに投資を分散させることで、特定のリスクによる影響を抑えることができるのです。

金融商品の選び方は、投資の成功に直結する重要なステップです。自身の投資目標に合った商品を選び、情報を確認し、リスクを分散させることで、投資の成果を最大化することができます。冷静な判断と慎重な選択を行い、適切な金融商品を選びましょう。

市場の変動をどう見るか

市場の変動をどう見るかは、投資家にとって重要な視点です。市場は常に変動しており、価格は上下します。そこで、市場の変動をどのように見るかが投資の成否を左右する要素となります。

まず、市場の変動を恐れるのではなく、チャンスと捉えることが重要です。市場は周期的な変動を繰り返し、機会やトレンドが生まれます。一時的な下落があれば、それを買い場と捉えて長期的な成長を見据えた投資を行うことができます。市場の変動を逆に活用して、適切なタイミングで投資することが成功への道です。

次に、市場の変動を冷静に分析し、感情に左右されずに判断することが重要です。一時的な変動に踊らされることなく、基本的な要素や市場全体のトレンドを見極めることが求められます。過度に市場の変動に反応することは、長期的な投資の計画や戦略を乱す可能性があります。

さらに、市場の変動を見る際には、情報収集と分析が不可欠です。経済指標や企業の業績などの情報を把握し、市場の動向を予測することで、冷静な判断を下すことができます。ただし、情報過多にならないように注意し、主観的な情報の影響を排除して客観的な視点で見ることが重要です。

市場の変動をどう見るかは、投資の成否に大きく影響します。市場の変動を恐れずに、チャンスとして捉え、冷静な判断と情報分析を行いましょう。短期的な変動に振り回されず、長期的な成果を追求することが成功への道です。

右往左往しない投資の将来像

最後に、この投資法がもたらす具体的な成果とその可能性について見ていきましょう。

資産形成のビジョン

資産形成のビジョンを描くことは、投資家にとって重要なステップです。資産形成のビジョンとは、将来の目標や理想的な資産状況を具体的に描くことを指します。

資産形成のビジョンを描くことで、具体的な目標を持つことができます。たとえば、退職後の生活を安定させるために一定の財産を築く、子供の教育資金を準備するなど、個別の目標を明確化することが重要です。

また、ビジョンを持つことで投資の方向性を定めることができます。例えば、リスクを許容しながらリターンを最大化することを目指すのか、安定した収益を重視することを目指すのかなど、投資方針や選ぶべき資産クラスを明確にすることができます。

さらに、ビジョンを持つことはモチベーションの維持にも繋がります。ビジョンが明確になると、目標に対する意欲が高まり、投資の継続や努力を続けることができます。途中での挫折を防ぎ、長期的な視点を持ちながら資産を形成することが可能です。

ただし、ビジョンを描く際には現実的な目標を設定することも重要です。過度な期待やリスクを無視した目標設定は、投資においてマイナスの影響を及ぼす可能性があります。現実的で達成可能な目標を設定し、計画的な投資を行うことが求められます。

資産形成のビジョンを描くことは、右往左往しない投資法の基本と言えます。明確な目標に向かって投資を進め、長期的な資産形成を実現しましょう。ビジョンが投資の道筋を示し、モチベーションを保つ手助けとなるのです。

投資の未来像

投資の未来像を描くことは、投資家にとって大切な視点です。投資の未来像とは、将来的に資産がどのように成長し、目標や夢を達成することができるのかを具体的にイメージすることです。

投資の未来像を描くことで、目標に向かって具体的な計画を立てることができます。たとえば、一定の資産を形成し、リタイア後に自由に過ごすことや、子供の教育や家族の将来をサポートするための資金を用意することを目指すかもしれません。それぞれの人にとって異なる未来像があるため、自身の夢や目標に合わせた投資計画を立てることが重要です。

また、投資の未来像を描くことで、モチベーションを維持することができます。夢や目標が明確になると、投資の継続に対する意欲が高まります。途中での挫折や市場の変動に不安を感じることもあるかもしれませんが、未来のビジョンを持つことで乗り越えることができます。

さらに、未来像を描くことは投資戦略の改善にも繋がります。目標や夢に合わせた投資計画を立てることで、必要なリターンやリスク許容度を明確にし、適切な投資先やポートフォリオを選ぶことができます。未来のビジョンを踏まえて戦略を見直し、最適な投資手法を選択することが重要です。

投資の未来像を描くことは、投資の成功に大きな影響を与えます。目標や夢を明確にし、具体的な計画を立てることで、モチベーションを維持しながら投資を進めることができます。未来へのビジョンを持ちながら、着実に資産を成長させるために投資活動を行いましょう。

まとめ:右往左往しない投資法への挑戦

全ての情報を踏まえ、資産運用の新たな一歩を踏み出すためのまとめです。

知識を武器に

知識を武器にすることは、投資において非常に重要です。投資は不確実性の高い世界であり、正しい情報や知識を持つことで、的確な判断を下すことができます。

投資知識を身につけることで、市場の動向や投資先の評価ができるようになります。経済指標や業績データ、市場のトレンドなどを理解し、投資判断を導くことができます。また、投資手法やリスク管理の方法も学ぶことで、投資活動をより効果的に行うことができます。

知識を持つことは、投資リスクを最小化し、リターンを最大化するための重要な要素です。また、投資の世界は常に進化しており、最新の情報やトレンドを把握することも重要です。常に学び続け、自己を研鑽する姿勢を持つことが成功への道となります。

知識を武器にするためには、情報を適切に収集し、批判的思考を持つことも必要です。情報の信頼性や偏りに注意し、自身で情報を分析・評価する能力を養うことが重要です。また、投資の専門家やアドバイザーとのコミュニケーションや相談も有効な方法となります。

投資活動においては、知識を武器にすることで冷静な判断ができ、より成功に近づくことができます。自己啓発に努め、情報を学びながら投資知識を磨いていきましょう。

挑戦する価値

投資は挑戦の連続ですが、挑戦するだけの価値があります。投資にはリスクが伴いますが、そのリスクを適切に管理し、魅力的なリターンを追求することができます。

挑戦する価値がある理由の一つは、成長と学びの機会です。投資を通じて市場や経済の理解を深め、自身の知識や投資スキルを向上させることができます。成功や失敗を通じて得られる経験は、将来の投資活動において有益な知見となるでしょう。

また、挑戦することで新たなチャンスを掴むことができます。投資は成果を追求する行為であり、成功すれば財産を増やすことができるかもしれません。自身の資産を有効に活用し、将来の目標や夢を実現するための機会を手に入れることができるのです。

さらに、投資は自己成長や自己信念の向上にも繋がります。投資は自身の判断力を養い、自己の意思決定や行動力を高めることが求められます。また、投資活動は市場の変動に対する忍耐力や冷静さも要求されます。これらのスキルや特性は、他の人生の場面においても役立つことでしょう。

投資はチャンスとリスクが同居するものですが、挑戦する価値があります。成長や学び、新たなチャンスの探求、自己成長の機会を与えてくれるのです。リスクを適切に管理し、資産運用の挑戦を通じて成果を追求しましょう。

リバティキャピタルマネージメント
ロゴ
FXや暗号資産への投資を検討される初心者の方を経験豊富なアドバイザーがサポートいたします。収益機会を逃さないアラート配信とロスカットラインを設定したリスク管理手法で、安心できる取引を提供しております。
リバティキャピタルマネージメント

〒340-0046

埼玉県草加市北谷1-27-23 リバティレジデンス 1F